家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


基礎


目次

1. 基礎の基礎
2. 簡単な練習曲
3. 音階練習
4. 複雑な調子の音階練習(#系)
5. 複雑な調子の音階練習(b系)
6. 短音階
7. 半音階
8. その他の音階
9. リズム
10. 吹き練習
 

7. 半音階

 半音階進行はどんな調子でも出てくる可能性があります。しかし、各調子で個別に練習する必要はなく、次に示すパターンの練習をしておけばどの調子にも応用が可能なものです。そういった意味では、長音階や短音階の練習を各調子について練習するのに較べればずっと楽な練習といえます。
 ただし、音階練習というと半音階練習ばかりしている方をたまに見かけます。半音階進行の練習は、調性を頭に入れるという意味ではあまり役に立ちません。やはり、いろいろな調子の長調の音階練習をしっかり実施することがより重要な意味があります。
なお、半音階進行の部分の楽譜は臨時記号がたくさん付いて、音を把握しにくいものですが、ここで練習するような半音階練習をしっかりやっておけば、半音階進行であるということと、始まる音が何の音であるかを把握すれば、特に臨時記号をその都度認識する必要がなくなり、読譜作業がまったく苦にならなくなります。

 次に示すのは、C音(ド)から始まる基本的な半音階練習です。



 次に示すのは、音の開始位置を半音だけ高くしたC#音(ド#)から始まる半音階の練習です。最初にボタンを押す音から始まるので、最初はとまどいますが、この2パターンの練習をしておけば、どんな調子で半音階進行がでてきても、恐れることはありません。









©copy right 2002 Shoji Sanada, All rights reserved