家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


低音クリニック


 穴番号1番のD音(レ)、2F音(ファ) (およびそのレバーを押した音)などの吸い音が出にくいと感じる方が少なからずいらっしゃいます。その原因を除去して、楽に演奏できるようになりたいものです。

 次のような要因に当てはまらないか自問してみてください。

1.吹き方の問題

1.1 強く吹いている
音が出ないものだから、出そうと思って顔を真っ赤にして吸う。これは逆効果を招きます。あせらずに腹式呼吸で横隔膜をゆっくり下げて、肺の空気圧を下げるようにしてみてください。この原因かどうかを確かめるためには、オクターブ奏法を試みてください。多分、音が出ると思います。空気の流れが左右に分断され、それぞれは強くなく、空気の流れが素直になるからです。

1.2 咥え方
ハーモニカを上からそっと咥えてはいないだろうか(図のX印の力の入れ方)。正しくは、閉じた状態の唇にハーモニカを当てて、少し唇をこじ開けるように押し込む感じになるので○印のような力で押し合っている。そうすると、空気圧の高まりに耐えられます。























唇を尖らして吹くのも禁物です。普通に口を閉じて、そこにハーモニカが押し込まれる形でいいのです。

1.3 舌の位置
舌は空気の流れを邪魔しないように下の方に位置している。

1.4 口腔内の形
顎が下がって、「おー」の発音をするときのように口腔内が広くなるべき。ムンクの「叫び」ちゃんのような口をするとか、口の中に玉が納まっているようなという表現をする。

1.5 ほっぺの膨らみ
吹き吸いで空気がほっぺに逃げて膨らんだり凹んだりしていないだろうか。ほっぺは動かずに、腹式呼吸により肺からの空気が素直に加工されないでハーモニカに送られるべき。

1.6 筋肉の力み
ほっぺ、口の周りの筋肉に力が入って力んでいないだろうか。音色作りのためにかなり力を入れている例がありましたが、空気の流れが素直な流れでなくなり、中音部で音が出ても低音部で出ないという現象につながります。

2.ハーモニカの問題
 ハーモニカのリードの上げ身が少なくなっていると、音が非常に出にくくなります。新品のハーモニカでも、上げ身の調整が悪いものはよく見かけます。また、上げ身が多すぎると空気漏れの感じがしてスカスカした音になります。

3.気持ちの問題
 曲を吹いているときに、出にくい低音の音があると、妙に意識して出そうとして口の形が変わったり吹き吸いの強さが変わったりしているのをよく見かけます。また、出ないとそこで止まってしまい、その部分だけ何度もやり直して、余計出なくなるのもよく観察します。あまり意識しないでとにかく曲を吹きなさいと指導して、あるとき、「あれ、ちゃんと吹けた。」なんていう具合に解決しているのに気付く場合があります。意識しすぎはよくないですね。

 意識しないで吹くよい練習は、「速吹き練習」で紹介したパターンを毎日練習することです。これをやっているうちに出るようになりましたという報告もありました。




消してください

©copy right 2007 Shoji Sanada, All rights reserved