FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

中級


目次

テーマ曲
2013年1月
2013年2月
2013年3月
2013年4月
2013年5月
2013年6月
2013年7月
2013年8月
2013年9月
2013年10月
2013年11月
2013年12月
テクニック
2013年1月
2013年2月
2013年3月
2013年4月
2013年5月
2013年6月
2013年7月
2013年8月
2013年9月
2013年10月
2013年11月
2013年12月
   

テーマ曲(2013年12月)

笛吹き童子
 1953年(昭和28年)にNHKのラジオ・ドラマ新諸国物語第2段として放送されました。

 ヒャラーリ ヒャラリコ
 ヒャリーコ ヒャラレロ
 誰が吹くのか 不思議な笛だ



テーマ曲(2013年11月)

京都の恋
 1970年(昭和45年)にベンチャーズが日本バンコク博覧会の記念としてインストルメンタル版を発売、同年に渚ゆう子がカバーしてシングル盤を出しました。ここでは渚ゆう子の歌を参考にしています。

 風のうわさを信じて 今日からは
 あなたと別れ 傷ついて



テーマ曲(2013年10月)

赤色エレジー
 1972年(昭和47年)に発売されたあがた森魚のシングル曲。林静一の劇画「赤色エレジー」がモチーフになっています。大ヒットした後、映画化されています。「あざみの歌」に似ていることから、当時話題になったようです。余談ですが、複音ハーモニカでしみじみと吹くのにいいかもしれません。

 愛は愛とて 何になる
 男一郎 まこととて
 幸子の夢は どこにある
 男一郎 ままよとて



テーマ曲(2013年9月)

Smile
 1936年のチャールズ・チャップリンの映画「モダン・タイムス」で使用されたチャールズ・チャップリンが作曲した曲。ナット・キング・コールによって歌われ、たくさんの歌手がカバーしたが、マイケル・ジャクソンもカバーしました。



テーマ曲(2013年8月)

ゆかいなピクニック
 テレビ・アニメ「ムーミン」の主題歌集の1曲。楽しい器楽曲です。



テーマ曲(2013年7月)

鉄腕アトム
 1963年(昭和38年)からのアニメ版「鉄腕アトム」の主題歌。歌なしと有りの2つの版が使われました。

 空を越えて ラララ 星のかなた
 ゆくぞ アトム ジェットの限り



テーマ曲(2013年6月)

さよならの夏
 2011年のスタジオジブリ制作の劇場版アニメ作品「コクリコ坂から」の主題歌。手嶌葵が歌っていますが、原曲は森山良子が1976年にリリースした同名の曲です。

 光る海に かすむ船は
  さよならの汽笛 のこします



テーマ曲(2013年5月)

サザエさん
 テレビ・アニメ「サザエさん」の主題歌。

 お魚くわえたどら猫 追っかけて
 はだしでかけてく 陽気なサザエさん



テーマ曲(2013年4月)

恋人もいないのに
 1971年(昭和46年)、女性デュオシモンズのデビュー曲にして大ヒット曲。1974年にメンバーの結婚により解散しましたが、その間、100曲を超えるCMソングを歌いました。中でも明治製菓のチェルシーのCMソングで有名です。

 恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて
 いそいそでかけて 行きました
 空はいつになく 青く澄んで
 思わず泣きたく なるのです



テーマ曲(2013年3月)


 1875年に完成したE. グリークの代表作の一つ「ペールギュント組曲」の中の1曲。すがすがしい朝の情景を描写しています。



テーマ曲(2013年2月)

タッチ
 あだち充の漫画作品が1985年にテレビアニメ化され、この曲が岩崎良美の歌でオープニング・テーマとして使われヒットしました。高校野球の応援歌の定番にもなっています。

 呼吸を止めて一秒
 あなた真剣な目をしたから
 そこから何も聞けなくなるの
 星屑ロンリネス



テーマ曲(2013年1月)

旅人・スナフキン
 フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説および弟のラルス・ヤンソンの描いた漫画のムーミン・シリーズに登場する旅人のスナフキンは、ハーモニカを吹きます。



テクニック(2013年12月)

音飛び
 歌詞の「タンタンタンタンタンタンタンタン」に当たる部分の音の飛び方が激しいので、音が濁らないように練習が必要です。




テクニック(2013年11月)

速度変化
 リピートする前に一旦rit.でゆっくりとなって、リピートの直前2拍でa tempoで元の速さに戻ります。カラオケ伴奏の速度変化を耳でよく観察して、速さの変化に対応しましょう。




テクニック(2013年10月)

引っ張り
 普通なら小節の頭に来る音が、前の小節に引っ張りだされています。テンポを取りにくいと感じるかもしれません。シンコペーションの1種になります。私が提唱している(合宿や教室など)「アイウエオ リズム攻略法」を使えば、楽勝です。




テクニック(2013年9月)

歌手の歌い方
 ナット・キング・コールの歌い方を参考にしているので、テンポの揺らぎがあってリズムをとりにくいと思います。歌手ってこんな歌い方をしているんだなと、ご自分の演奏の参考にしてみてください。




テクニック(2013年8月)

スイング
 楽しい弾んだ譜に気を出すためにswingの指定があります。ノリノリで演奏しましょう。




テクニック(2013年7月)

合いの手
 メロディの合間に合いの手として細かい音が入ってきます。速度が速い上にかなりの高音なので、音を切ってだすのがかなり難しいので、よく練習しましょう。




テクニック(2013年6月)

高音域
 メロディがかなり高音域で歌われることに加え、後奏部分ではさらに高い音域が使われています。人に寄ってくクロマチック・ハーモニカの高音域が出せなかったり、音程を下げたりします。正しい吹き方で、少し弱めに吹くのがコツです。リードが短くなっていますが弱めに吹いて丁度よい音量が出るので、無理して強く吹かないようにしましょう。




テクニック(2013年5月)

音階駆け上がり
 #2個の音階はかなり吹きにくいものですが、それが16音符で駆け上がっています。 ボタンを押すタイミングに注意しましょう。




テクニック(2013年4月)

ハモリ
 二重奏になっています。パートナーとうまく呼吸を合わせて素敵なハーモニーを奏でましょう。




テクニック(2013年3月)

表現記号
 クラシック曲の場合、強弱変化、速度変化、滑らかさなどの指定がポピュラー曲より多用されます。それらの指定を見逃さないようにしましょう。ここではスラーの例を示しておきます。




テクニック(2013年2月)

シンコペーション
 ロック調の曲です。シンコペーションが多用されていますが、スイングしないので跳ねないように気を付けてください。




テクニック(2013年1月

無伴奏
 クロマチック・ハーモニカは伴奏つきで演奏されることがほとんどですが、稀に無伴奏で音が流れることがあります。この曲はまさに無伴奏の単音奏法に徹していますが、心に沁み込んでくる素敵な仕上がりになっています。全体に滑らかに演奏されますし、2分音符ではかすかなビブラートがかかり、なごみます。
 お手本の動画をよく研究してこの感じが出せるようになるといいと思います。




注教材の入手について:譜面は掲載しませんので、ご入用(有償)の方はE-mail下さい。メール アイコン



 ©copy right 2012 Shoji Sanada, All rights reserved