FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

上級


目次

テーマ曲
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月
2003年5月
2003年4月
2003年3月
2003年2月
2003年1月
今月のテクニック
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月
2003年5月
2003年4月
2003年3月
2003年2月
2003年1月
 
テーマ曲(2003年12月)

Sweet Georgia Brown
 ジャズのスタンダード・ナンバーから。
 この曲は、速いバージョンがよくハーモニカ・トリオで演奏されています。古くは「ハーモニカ・ライナーズ」、最近でも「ザ・ノーブランズ」の持ち曲です。
 ここでの演奏はChristian Morinのクラリネットを参考にした、ゆっくりしたテンポになります。それでも中々ノリがよいのでスウィング感覚を養うにはもってこいです。気分よく吹いてみましょう。 



テーマ曲(2003年11月)

Far away
  先月に引き続いて谷村新司さん唄の曲です。作詞、作曲は伊藤薫さん。谷村さんはフォークでもなく演歌でもない、「ニュー・ミュージック」というジャンルを確立された方です。私たちのハーモニカ・トリオで「谷村新司特集」という催しをしたときに10曲ぐらいレパートリーに取り入れました。聴いてくださった方から「いい曲が多いね。」との感想をいただきました。クロマチック・ハーモニカでしみじみと歌い上げるのに適した曲が多かったです。
 この曲は、静かに始まって後半盛り上げて、さらに半音上げて盛り上がりを作っています。とても感情を込めやすい構造をしています。 



テーマ曲(2003年10月)


  谷村新司さんの代表曲。よく聞いている歌で、盛り上げ方もわかると思います。ハーモニカ教室でもよく取り上げられる曲です。しかし、彼の歌い方がとても格好いいからと彼の歌っているとおりになるべく忠実に楽譜に表してみると、リズムがとても難しいことに気が付きます。小節にまたがった引っ張りの音が多用されていて、初心者はまずこなせないと思われます。これがプロの歌い方なのでしょう。
 それを無視して市販の楽譜どおり吹くと、やはりあまり格好よくならないのです。したがって、ここはがんばって彼の歌い方をまねてみましょう。 



テーマ曲(2003年9月)

TSUNAMI
  サザンオールスターズの大ヒット曲です。桑田佳祐さん特有の唄い方がありますが、そういうフィーリングは積極的に取りこんでいくようにしましよう。
 



テーマ曲(2003年8月)

さよなら大好きな人
 花*花のヒット曲。ニ人のデュオの曲ですが、ハーモニーを重視している曲ではないので、二人の違いをオクターブを変えることにより表現しました。



テーマ曲(2003年7月)

ハーモニカ
  イスラエルの軽快なフォークダンス曲です。フォークダンス・パーティでもとてもよく踊られます。
 ここでいうハーモニカというのはアコーディオンに似た楽器だそうで、日本人がイメージするハーモニカではないそうです。ドイツ語でもハーモニカはアコーディオンを意味し、Mundharmonika(Mouth Harmonica)といわないと通じないようです。



テーマ曲(2003年6月)


  パリのムードたっぷりなミュゼット・アコーディオンの響き、それをクロマチック・ハーモニカで表現してみましょう。
 転調はD->Dm->Dですので、同名の長調と短調の間の転調となっています。



テーマ曲(2003年5月)

ホテル・ハピネス
  クロード・ガーデンさんのご機嫌な一曲。最初の出だしが5度奏法ですごくかっこいい。メロディに入ってからは3度奏法が使われます。どちらもハーモニカの重音としてはきれいな使い方をしており、フランス風の洗練を感じます。
 最近、クロードさんは5度奏法の長いアドリブをよくやります。この曲の出だしにあるように、単なるC調の音階の中での5度奏法ではなく、ボタンを押してのEb的な和音をよく使います。したがって、ハーモニカ用のクラシック的な作品の音使いとはまた違って、ジャズ的なフレーズになるのですね。他の方の演奏ではこのような使い方は全く耳にしませんから、彼独特の演奏方法だと思います。そんな吹き方の勉強にも、この曲の出だし部分の練習は役に立ちます。



テーマ曲(2003年4月)

真夜中のカーボーイ
 映画「真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)」の主題歌。邦題は「カウボーイ」ではなくなぜか「カーボーイ」になっています。カーボーイという題名はついているけれど西部劇ではなく現代のニューヨークを舞台にした映画だそうです。フェイクされたハーモニカの音色がとても印象的な素晴らしい曲です。時にはトランペットなんかで演奏されることもありますが、いけません。この曲はハーモニカでないとムードが出ません。
 途中にアドリブ・フレーズを入れてあります。

 



テーマ曲(2003年3月)

ラスト・アウト・ポスト
 ハーモニキャッツが演奏する軽快な行進曲です。聞いていると心が浮き々々してきますクロマチック(ボタン押さず)の最高音から下へ滑らせるグリッサンドがなんとも格好いい。(ただしお手本ではMIDIの分解能のためかグリッサンドが聞こえません。)
 問題は、激しい転調にあります。途中からフレーズごとに半音ずつ転調して上がって行くんですね。他の楽器でも難しいのでしょうが、クロマチック・ハーモニカで半音ずつ上がって行くと、音階と吹き吸いの関係がどんどん変わって行くので、とても大変です。上級者はそういう曲も練習しておかなくてはなりません。



テーマ曲(2003年2月)

センチメンタル・ジャーニー
 終戦直後に日本に入ってきたジャズのスタンダード・ナンバーです。作曲者の一人のレス・ブラウンのオーケストラとドリス・デイの歌が特に有名です。
 本来はスローな曲ですが、ハーモニキャッツの演奏ではかなりのアップ・テンポで演奏されています。3度奏法とオクターブ奏法を取り混ぜ、b5個のBb調であるために、任意の音で装飾音符をつけることができ、とてもクロマチック・ハーモニカ向きの編曲に仕上がっています。
 そういった派手な編曲であるために、バックなしで一人で吹いていても様になるので、レパートリーに加えておけばなにかと宴会の余興で役立つこと間違いなしです。

 



テーマ曲(2003年1月)

慕情
 映画「慕情」の主題歌で、「恋は素晴らしきもの」という題名でも知られています。ポピュラーのスタンダード・ナンバーになっています。1955年アカデミー主題歌賞受賞。「蝶々夫人」の「ある晴れた日に」がヒントになったといわれれば、確かにそのような趣がありますね。
 ハーモニキャッツがスローでいい感じを出しているのを参考にさせてもらいました。bが5個付くBbm調の曲で、楽譜がとても読みにくく感じられるものですが、クロマチック・ハーモニカではよく出てくる調子でもあります。そんな意味でここでb5個の読み方をマスターしておきましょう。

 


 
テクニック(2003年12月)

アドリブ・フレーズ
  本来、アドリブというのは即興演奏されるべきものですが、そうはいっても素人の身には中々到達できない遥かなる目標です。その手前で他人のアドリブ・フレーズをコピーして演奏するということも上達する上では大変重要な練習です。
 ここで現れるアドリブ・フレーズはそれほど難しくないものですので、手始めに中々よろしいのではないでしょうか。







テクニック(2003年11月)

転調
  曲の途中で、盛り上がりを演出するために半音あげるという手法はとてもよく使われます。この曲ではA調(#が3個)からBb調(bが2個)への転調が行われます。
 #系の調子からb系の調子への転調では、吹き吸いがこれまでと逆転するので最初は戸惑うものですが、これも慣れによって克服するしかありません。がんばって取り組んでください。





テクニック(2003年10月)

プロのリズム感
  リズムが難しい上に#4個のC#m調の曲ですから、まごつくかもしれません。そんなときは音階練習に戻っておさらいするのが早道です。
 プロの唄のとおりに楽譜に表すといってもあくまで16分音符の範囲での近似値にしかすぎないので、ここに書かれているとおりに演奏するとお手本のように固い演奏になってしまいます。ある程度の幅を持たせた演奏ができるように、谷村新司さんのCDをよく聞いてみることをお勧めします。





テクニック(2003年9月)

間奏

 カラオケで唄う場合には前奏、間奏、後奏はバックのオーケストラが演奏してくれるのでほっと一息を入れる場所となりますが、楽器演奏の場合は休んでいるわけにはいきません。ここぞとばかりの聴かせどころの場所になります。多くの場合、歌以上に複雑なことを演奏しなければなりません。今回はアルペジオ的な間奏が使われています。
 アルペジオは吹き吸いがあるハーモニカでは中々難しい技法の一つになります。基礎練習でアルペジオの練習を積んでおく必要があります。




テクニック(2003年8月)

リズム・パターン
 ポップスの新しい曲ではほとんどといってよいほどシンコペーションが使われています。これをマスターしなければ、いつまでたっても新しい曲のレパートリーが増やせません。足でリズムを取りながら、それぞれの音が出るタイミングをよく把握してください。

 


テクニック(2003年7月)

#1個の難しさ
  この曲はEm調(#1個)の速い曲です。メロディだけならそんなに難しくありませんが、合いの手で入ってくるタララ、タララ、タララーとか、音階練習のような装飾音がとても難しく感じられます。
 何度も練習してもつっかえてしまう難しさを体験してみましょう。





テクニック(2003年6月)

装飾音符
  ミュゼット・アコーディオンではよく装飾音符が使われます。単にクロマチック・ハーモニカのボタンを押すだけの装飾音符ではとても同じように表現することはできません。しかし、この曲で使われている程度の装飾音であれば、吹き吸いの切り換えににより十分表現することが可能です。




テクニック(2003年5月)

ブルース音階
  途中でちょっと変わった音の並びが出てきていい感じだなと思っていたところ、後にブルース音階を勉強したときに、まさにこれがブルース音階そのものだったのですね。この曲のおかげで、ブルース音階の実践にとても役立ちました。




テクニック(2003年4月)

音のフェイク
  クロマチック・ハーモニカは口腔内の空間の形の変化により微妙に音色や音程が変化します。それを利用すると、なんともブルージーな雰囲気を醸し出すことができます。
 この曲の場合、ウェイ、ウェイ、ウェイ、ウェイ、ウェイ、ウェイ、ウェイ、ウェイという口の動きをさせたり、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェ、ウェイウェという感じにしたりと色々な方法が考えられます。
 各音の出だしの音程はその音の正しい音程を出すようにします。
ウェイのパターンの場合はその後音程が下がります。ウェイウェのパターンの場合には一旦下がった後元の音程に戻ります。
 残念ながらお手本ではフェイクの感じを出せておりません。サウンド・トラック版かToots ThielemansさんのCDを聞いて感じを掴むとよいでしょう。




テクニック(2003年3月)

激しい転調
  0->1b->6b->1#->4b->0 、すなわちC->F->Gb->G->Ab->Cと転調していきます。F調からAb調まではフレーズごとに半音ずつ上がっていきます。bと#の調子が混じっていると、吹き吸いがあるハーモニカでは余程しっかり音階練習をしておかないと、楽譜を読むのが大変です。







 このような転調がスラスラ行けるほど上達すると、ジャズのアドリブの可能性に近づいているといえます。それには、まず、童謡のような簡単な曲で12調子全てを半音ずつ上げて行くような練習を、楽譜を見ないでできるようにするとよいでしょう。また、それでは臨時記号が多い曲に対応できないので、さらに臨時記号が出てくる曲を選んで同じ訓練をするとよいでしょう。さらにb1個ずつ増やして行くような転調、逆に#1個ずつ増やして行くような転調の練習も効果があります。

テクニック(2003年2月)

b5個の仕上げ
 先月のテクニックは、実はこの曲を習得してもらいたいための伏線だったのです。b5個の楽譜を読みなれていないと、この楽譜はチンプンカンプンに見えたかもしれません。
 出だしは装飾音符を付けた3度奏法で始まりますが、ブルーノートが出てくると3度奏法では和音的に合わなくなるため、オクターブ奏法に切り替えます。このような配慮があるために、全編重音奏法を駆使しながら音が汚くなるのを避けており、まことに巧みな編曲といってよいでしょう。


 途中のアドリブ・フレーズではずっとオクターブ奏法が使われ、半音下からの装飾音符や横滑りの装飾音符も見事です。シンコペーションが多用されますので、リズムを崩さないように注意してください。



 クロマチック・ハーモニカでとても吹きがいのある曲ですから、ぜひマスターしてください。



テクニック(2003年1月)

b5個に挑戦
 b5個の調子は長調ではDb調、短調ではBbm調です。ただし#7個と読み替えればC#調であり、またA#m調でもあります。すなわち、C調やAm調というごく普通の調子のボタンを押しっぱなしにした調なのです。ですから演奏そのものは簡単なのです。ただ、楽譜に表すときにはより調号の少ない書き方をすることがありますので、そういう意味でDb調やBbm調の楽譜を読みこなす練習をしておかなければなりません。
 メロデイに入るところで音階練習のような駆け上がる音の並びが出てきます。これを、b5個だからといってbのついた音だけボタンを押す奏法をしますと、かなりの技量が求められます。



 しかし、これはC#調だと思ってしまえば、次のように書き換えることができますから、何のことはない、いつもボタンを押しっぱなしにして音階練習のつもりで吹けばよいのです。

 だからといって、譜面を書き換えたりよみがなを付けたりするのではなく、b5個の楽譜を見ながら頭の中で替手を使って読み替えるような訓練が重要なのです。
 クラシックの曲で有名なDb調の曲にショパンの「子犬のワルツ」があります。この曲を演奏するときは、このような替え手を駆使すると、随分演奏が楽になります。




注教材の入手について:譜面は掲載しませんので、ご入用(有償)の方はE-mail下さい。メール アイコン



 ©copy right 2003 Shoji Sanada, All rights reserved