FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

奏法(フェイク)のページ


奏法



目次

1. 重音奏法
2. トリル
3. トレモロ
4. 音のフェイク
4.1. ピッチを下げる
4.2. ピッチを上げる
4.3. ピッチを下げて戻す
5. グリッサンド
6. ビブラート
7. タンギング

4. 音のフェイク

4.1. ピッチを下げる
 Toots Thielemansさんの演奏を聞いていると、ブルーな雰囲気を表現するために音を出している途中に音の高さ、すなわち音程またはピッチを下げる奏法がよく使われます。このような効果を付けることをフェイクするといいます。
 クロマチック・ハーモニカは口で演奏するため、口の中の空間の形や、息の流れの方向を変えることによって音色が微妙に変化します。音のピッチを下げるためには、通常の吹き方よりも少しだけ唇の筋肉に力を入れていき、空気の流れを細くします。音を絞ると表現することもあります。音声を出す要領で言えば、オーーーーーーーゥという感じです。このとき、掌を開けた状態から閉めた状態にするような手の動きを付け加えると、より効果が増幅されます。



 この奏法は10 holesのベンドに似ていますが、ハーモニカの構造の違いにより、その発音の仕組みは異なっているようです。10 holesの場合、吹き吸いの2枚のリードが同じ穴に同居し、両者の相互作用により低いほうのリードと高いほうのリードのピッチの差の半分まで音程を下げることができます。したがって、半音差しかないF音(ファ)とE音(ミ)やC音(ド)とB音(シ)が同居している穴ではほとんど意味のあるベンドになりません。
 一方、クロマチックでも2枚のリードが同じ穴に同居していますが、バルブが存在しているため実質的には1穴に1リードがあるのと同じであり、したがって2枚のリードの相互作用は起きません。音程が下がるのは、多分息の流れを変えたことによりリードの正常な振動がさまたげられ、振動数が少し減るからではないかと考えられます。
 このようにベンドする仕組みが違うために、クロマチックではどの音でも10 holes程派手ではありませんが多少ピッチを下げることができ、ブルージーな雰囲気を醸し出すことができます。
 注意すべき点として、バルブの存在により風圧が1本のリードにすべてかかってくるので、あまり強いフェイクをかけようとするとリードが折れてしまうことがあります。10 holesの場合は2本のリードの隙間から空気が逃げているので、強くベンドをかけても中々リードが折れるということはありません。10 holes奏者の方は、くれぐれも注意してください。
 また、正常なピッチの音に続けてベンドをかけるのがブルーな雰囲気を出すためのコツです。最初の音出しの段階から音程が下がっているのでは、伴奏と合わず単に下手くそな演奏にしか聞こえません。口の形が悪くて正しい音程で吹けない初心者と同じになってしまうのです。
 複音ハーモニカのバイオリン奏法は正しくはピッチを下げないでやるべきなのですが、勘違いしてずっとピッチを下げて吹く方が少なからず見受けられます。聞いていて明らかに変な演奏です。クロマチックの場合、ほとんど伴奏付きでしょうから、よりあわれな結果になります。くれぐれもご注意を。


4.2. ピッチを上げる
 クロマチック・ハーモニカのリードは、正常な音程以上に音が上がることはありません。10 holesのオーバブローとはそういう意味でまったく異なります。10 holesのオーバブローは、本来鳴るべきリードとは反対側のリードが無理矢理発音しピッチが上がるのですが、クロマチックではバルブのおかげでそういう現象は起きないのです。
 それでピッチを上げる効果を出したいと思ったら、まずベンドでピッチを下げた音を出し、次第に唇の筋肉の力を抜いて通常の高さの音を出すまで戻していきます。ジャズのアドリブで高音部のロングトーンを出すときによく使われます。音声を出す要領で言えば、ゥーーーーーーーオという感じです。このとき、掌を閉じた状態から開けた状態にするような手の動きを付け加えるると、より効果が増幅されます。
 またより短い範囲でピッチを上げると、各音をしゃくりあげたような効果を出すことができます。音声を出す要領で言えば、ゥオという感じです。




4.3. ピッチを下げて戻す
 一度ピッチを下げて元に戻すと、「セレソローサ」でトランペットがよくやる効果が出せます。音声を出す要領で言えば、オーーーーーーーゥーーーーーーーオという感じです。


 また、「真夜中のカーボーイ」のような効果はより短い音にこの効果を付けたもので、1小節4音に対しオゥオ オゥオ オゥオ オゥオといった感じの要領で音を出します。
 (私のシーケンサーのパラメータはギター用になっており、ピッチを上げて戻すのはできますが、逆の方法が可能かもしれませんが見つかりません。例題の音出しをすることができませんので悪しからず。)





©copy right 2002 Shoji Sanada, All rights reserved