課題曲のページ


課題曲

小さな日記


 原田晴子作詞、落合和徳作曲の「小さな日記」は、フォー・セインツが唄ったほろ苦い、悲しい青春のフォーク・ソングです。私の学生時代に流行した遠い昔の曲です。

小さな日記に綴られた小さな過去のことでした。
私と彼との過去でした。忘れたはずの恋でした。
ちょっぴりすねて横向いて、黙ったままでいつまでも。
やがては笑って仲直り。そんなかわいい恋でした。
山に初雪降る頃に、帰らぬ人となった彼。
2度と笑わぬ彼の顔、2度と聞こえぬ彼の声。
小さな日記に綴られた小さな過去のことでした。
2度と帰らぬ恋でした。
 

 短調の曲ですが、臨時記号が付かず、色々な調子に転調させる練習には向いていると思い、課題曲として取り上げました。
 臨時記号まで含まれていると、転調したときの探り弾きがとても困難に感じます。上級に進歩していくためにはそういう練習も大切なのですが、ここでは初めて転調の経験を積む方々のために、臨時記号のない曲で練習しましょう。
 ある調の音階練習をすませたら、その調に慣れるために、この課題曲の該当する調を選んで練習してください。お手本とカラオケ伴奏がセットになっています。


Am調、C調

C調
Am調


A#m調、C#調

Bbm調、Db調

C#調、Db調
A#m調、Bbm調


Bm調、D調

D調
Bm調


Cm調、Eb調

Eb調
Cm調


C#m調、E調

E調
C#m調


Dm調、F調

F調
Dm調


D#m調、F#調

Ebm調、Gb調
F#調、Gb調
D#m調、Ebm調


Em調、G調

G調
Em調


Fm調、Ab調

Ab調
Fm調


F#m調、A調

A調
F#m調


Gm調、Bb調

Bb調
Gm調


G#m調、B調

B調
G#m調


消してください

©copy right 2002 Shoji Sanada, All rights reserved